wiehujfsdf

病棟と献血の仕事の違い【1】

wiehujfsdf

献血の看護師の仕事と、病棟の看護師の仕事には、
大きな違いがあります。

それは、病棟の看護師が何らかの疾患や怪我を治療するために
来院される方を対象とする仕事なのに対し、献血の看護師は、
血液を善意で提供してくれる健康な方を対象としている点です。

 

ですので、気持ちの面からすれば、
献血の看護師の仕事の方が気が楽だと感じる方が多いんですよ。

緊急性がないので、プレッシャーを感じることもありませんよね。
そのように感じている看護師が多くいるのが献血看護師の特徴の一つでもあります。

 

また、献血の仕事というものは、残業や夜勤といったものがありません。
ですので、プライベートと仕事の区別がしっかりとつくんですね。

病棟であれば、残業や夜勤がどうしても多くなってしまうものです。
休日であっても緊急性の高い患者さんの場合に、
オンコール対応などが必要となることもありますよね。

 

ですが、献血の仕事の場合には、
このような緊急性を必要とする方はおられませんので、
休日にしっかりと休むことが出来るんです。

血液センター・献血ルームといった仕事は、
決まった時間に受付が終わることになっていますので、
残業を行うということがほぼありません。

 

病棟では残業が苦痛だったとか、休日も休んだ気がしないといった看護師も、
献血の仕事であればしっかりと休みをとることが出来る機会が増えますね。