mfshuihfsf

病棟と献血の仕事の違い【2】

mfshuihfsf

病棟看護師は、必要とされる知識や技術の幅が広く、
看護スキルはとても重要なものになりますよね。

ですが、献血の看護師の場合には、
必要とされる看護スキルが特化しているんですね。
その中でも特に、穿刺の技術に関しては、高い技術が必要となります。

 

献血の仕事をしていくうちに、採血や健康管理、
健康コンサルなどのスキルや知識・技術は身についていくものです。

ところが、その他のスキルに関しては、
どうしてもスキルアップが難しいということになります。

 

献血の仕事は、病棟とは違い、
サービス業だと認識している看護師も多くいます。

その理由としては、病棟に来られる方は、病気や怪我の治療を目的とした患者さん
であるのに対し、献血に来られる方は、善意で血液を提供しにきてくれる健康な方
であるということです。

 

つまり、お客様として接する必要があるということなんですね。
献血にきてくれる方々は、皆さんボランティア精神をもって来てくださっているんです。

ですので、献血に来てもらったからには、
看護師がドナー(お客様)に対して、質の高い接客を行わなくてはなりません。

 

最近ではドナーを確保することが難しくなってきていますので、
そんな時こそ、血液センターや献血ルームでの看護師の接客の良さが
必要とされています

このように、よりよい接客・サービスを提供できるようにするという点は、
病棟とは大きく異なる点だと言えますよね。