献血ルームの看護師の求人を紹介!

header
 
caution
献血ルームの求人を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が 条件の良い求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。

 

なぜなら、献血ルームの良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事が多いからです。

 

そのため、献血ルームの求人を探す看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。

 

尚、こちらでは献血ルームの条件の良い求人を探している人に人気の転職サイトランキングを紹介します。


rank01

第1位 ナース人材バンク

1-300

 

全国のいい看護師求人が集まる人気の転職サイトです。「献血ルームで働きたい!」「献血ルームの良い求人を見つけたい」などの希望に応えてくれます。

 

献血ルームの条件のいい求人を探すなら、まずこちらで無料登録をして紹介してもらう人が多いですね。

 

→ 献血ルームの求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 


rank01

第2位 ナースではたらこ

4-300

 

ハローワークや新聞チラシなどでは公開されない 「献血ルームの非公開求人」 が揃っています。

 

献血ルームの求人の中でも特に「残業が少ない」「休みが多い」「給料が高い」そんな条件の良い求人を見つけたい人は、ナース人材バンクと合わせてこちらにも登録される人が多いです。

 

→ 献血ルームの求人の紹介はこちら(無料)

※登録料・紹介料など すべて無料です

 


rank01

第3位 ナースフル
5-300

 

実績ある安心のブランド・リクルートが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

 

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録して献血ルームの求人を探したい人でも安心ですよ。

 

→ 献血ルーム求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 

 

caution
2つ以上の転職サイトに登録?

 

むしろ、1つの転職サイトで紹介してもらえる求人数は限られているので、 2つ以上登録しておくと 献血ルームの条件の良い求人が見つかる可能性が高くなります

 

たとえば、「1位の転職サイトでは献血ルームの求人は3つしか紹介してもらえなかったけど、 2位のサイトに登録したら、さらに4つ紹介してもらえた!」 なんてラッキーなことがあるのです。

 

その場合、合計7つの良い求人の中から1番いいところを選ぶことができるというわけです。

 

→ 1番おすすめの転職サイトを見る

 

 


献血ルームなどで勤務する看護師は、夜勤もなくプライベートが充実しそうだと感じている看護師も多いのではないでしょうか。確かに、基本的にはスケジュール通りの勤務となり、夜勤が無いという事は、勤務条件として良いと感じると思います。ですが、収入面を考えてみるとどうでしょう。献血看護師は、一般的な医療機関で勤務する看護師と比べ、やや低めの給料となるんです。この理由としては、やはり勤務時間が短いという事が関係しているんですね。看護師の給料が高い理由の一つとして、残業の多さや夜勤の存在があります。献血ではこのような事がありませんので、給料が低めになっても仕方が無いですよね。給料が低めになるのであれば、仕事が簡単なのかと考えるかもしれませんが、看護師の職場として、決して簡単なわけではありませんよ。
献血ルームの看護師と一般的な看護師の年収に差があるというのは、勤務時間以外の面でもいくつか理由があります。例えば、休日の拘束時間です。献血ルームの場合には、基本的に緊急性がなく、献血ルームの営業時間に合わせて勤務することになりますし、休日にはしっかりと休むことも出来ます。反対に、病院に勤務する場合、急患があった場合には休日出勤となることもありますよね。どちらかと言えば余裕のある勤務が可能な献血ルームとは違い、緊張感が常につきまとうのが病棟勤務です。このような点に関しても、献血看護師の給料の方がやや低くなってしまう理由となっていますよ。ただ、年収が低い場合でも、ゆったり勤務できる職場の方が良いという看護師にとっては、とてもおすすめの職場です。


献血ルームで勤務する看護師の給料がやや低めだというのは、多くの看護師が知っている事かもしれません。実際に手にすることになる給料は確かに低めなのですが、実は基本給に関してはあまり変わりないとも言われているんですよ。看護師の給料が高い理由の一つとして、夜勤や残業があるという点があります。病棟勤務の場合、この夜勤手当や残業手当が高いことから、年収が高くなる事が多いんですね。ですが、基本給だけみると、病棟と献血ルームでは大きな差はあまりありません。ボーナスなどは基本給をベースとして計算されることになりますので、ボーナスにもあまり差が無いんですね。そのため、トータルすると、年収には大差がないという場合もあるんです。
献血センターや献血ルームというのは、残業も少なくなりますので、家庭との両立がはかりやすく働きやすいという看護師も多く、人気の高い職場となっています。ですが、実際に勤務している人が多いということではありません。その求人自体は、圧倒的に少ないとされているんです。日本赤十字が運営しているために、福利厚生などの面はかなり充実しています。また、健康な方を対象とするため、精神的に負担がかかりにくいという事も言えますよね。献血ルームの求人を見かけた際には、すぐに応募することをおすすめします。時間的にも精神的にも余裕のある仕事をしたいという看護師は、基本的に採血が得意であれば問題なく勤務することが出来ますので、おすすめですよ!


献血に関する仕事はどのような仕事なのか、気になるという看護師も多いと思います。病院には体調不良のある方が来院されますが、献血センターには血液を提供してくださる健康なドナーの方が来られます。このドナーの方が来られたら受付を行い、問診・血液検査・医師の診察などを行い、献血が可能であれば採血へと進みます。この間、医療行為を行いつつも、ドナーの方がリラックスできるよう配慮するというのが仕事です。となると、接客能力が必要となりますよね。ドナーの方に居心地よく過ごしてもらう事が、献血センターで重要となることなんです。血液を提供してくださる事に感謝し、素早く処置を行わなくてはなりません。同時に、採血中にはしっかりと観察し、ドナーの方の体調なども確認する必要があります。
病棟勤務の場合、様々な看護技術を駆使し仕事を行っていきます。ですが、献血センターでは基本的に決まっている流れでの仕事を繰り返すことになります。採血を行うドナーの方の体調や、実際に採血した血液成分が必要量確保できているのか、安全に採血するためにはどうしたらいいのか、などを考えながら行う必要があります。もしドナーの方が体調を崩してしまった場合や緊急時には、看護師としてしっかりとした判断力が求められます。献血によって健康被害が発生しないようにすることが、献血センターの仕事でとても重要となることでもあるんですね。


献血の仕事というのは、比較的勤務条件がよく、福利厚生なども充実しています。運営母体が日本赤十字社ということもあり、働く側として大きな安心感をもって勤務することが出来る環境となっています。仕事自体の社会貢献度も高く、医療を支えていく重要な仕事だということで、責任感もやりがいもある仕事です。ですが、この献血の仕事にはデメリットもあるといわれています。その代表的なものとして、臨床スキルが停滞してしまうというものが挙げられます。献血の仕事はどうしても採血が中心となり、単純な作業を繰り返すことが多くなります。そのため、臨床スキルというのは身につきにくいんですね。最新の医療から離れることになるというのは、看護師のキャリアを築く事を考えると、やはりデメリットとなってしまいます。
そして、もう一つ挙げられる事として、給料が安くなるという事があります。基本給だけみるとあまり変化がないように感じるかもしれませんが、夜勤手当が無く、残業手当が少ない職場のために、手当部分は薄くなってしまいます。そうなると、実質的な手取りは減ってしまいますよね。また、献血に来てくださるドナーの方は、あくまでもボランティアとして血液を提供してくださる方です。そのため、看護師は医療従事者として対応するのではなく、おもてなしの心をもって接客業のような対応を求められる事が多くなります。献血の求人に応募する際には、このような事をしっかりと理解しておくことが大切です。

 
献血ルームの仕事がしたい!

→ 1番おすすめの献血ルーム 転職サイトを見る